クリスマスケーキの上手な切り方

ホールケーキ、ロールケーキの上手な切り方

せっかくのキレイに飾り付けられたクリスマスケーキも、キレイに切れずに崩れててしまっては、
とても悲しくなります。

 

そんな失敗をしないようにホールケーキの上手な切り方を紹介します。

 

 

ホールケーキの上手な切り方

準備しておくもの
  • 包丁またはパン切りナイフ
  • ふきん
  • 熱いお湯(ボウル)

ホールケーキは切りにかかる1時間前には冷蔵庫にいれて冷やしておきます。
特に生クリームは柔らかいので失敗する確率が高いので必ず冷やして固めておきます。
包丁は長い程、失敗する確率は少なくなります。
手順
包丁を90℃くらいのお湯をはったボウルで、あたためてながら作業する。

ポイント@

皮付きの果物、デコレーションはあらかじめ外しておく
メロンなどの固い皮は、やわらかいケーキの上では切れません。

ポイントA

包丁の動かし方
斜めに包丁を入れ、包丁の重さを利用してやさしく動かします。
無駄な力を抜いて、ゆっくり。ていねいに。

 

ケーキの中に詰まったスポンジやフルーツに当たって切りにくい時には包丁を前後に大きく動かすようにして切ります。
一度切り終える度に都度、ふきんでクリームを拭き取ります。

 

包丁にクリームが残ったままだと、次に切る時にクリームが邪魔して上手く切ることが出来ません。
また、包丁が冷めてきたら再度温め直して下さい。

ポイントB

お皿への移動
切り終わったら、ケーキの下に包丁を差込、引き抜くようにして切り分けたケーキを取り出し
お皿に移します。

 

ケーキが倒れないようにゆっくりと慎重に行って下さい。
切り終わった段階でホッとして気が緩みますので、一度大きく深呼吸をするなり気持ちを
入れ直して下さい。

ポイントC

デコレーション、フルーツを元に戻す。
キレイに盛り付けし直すのは少しセンスが必要ですが頑張りましょう。

ロールケーキの上手な切り方

準備はホールケーキと同じです。

包丁の動かし方

決して力を入れないで包丁の重みで引くように切っていく。

 

クリスマスケーキ予約 2017:TOPページ