2018年クリスマスケーキ傾向

2018年のクリスマスケーキの傾向

2018年のクリスマスケーキの傾向を知るには、百貨店のクリスマスケーキの品揃えを見るのが一番です。

 

コンビニエンスストアも毎年の消費者の嗜好を捉えて新商品を提供していますが、
圧倒的な品ぞろえはやはり百貨店のクリスマスケーキが一番です。

 

百貨店独自のオリジナルクリスマスケーキから、入店している専門店のクリスマスケーキまで、種類の多さには圧倒されます。

 

又、高島屋はリアルタイムでランキングを教えてくれるので今年のクリスマスケーキの傾向が一目でわかります。
高島屋配送クリスマスケーキ・ランキング】

クリスマスケーキの傾向

有名百貨店のクリスマスケーキの傾向

★詳細は百貨店名をクリックしてください。

今年のクリスマスケーキは、年々ですがキャラクターをあしらったケーキが増えています。

 

また、高級チョコレートメーカーが作ったチョコケーキも人気です。

 

定番人気は、やはりイチゴのショートケーキです。
根強い人気を持っています。

 

洋菓子の苦手な人には、和菓子でクリスマス風にアレンジした商品も出てきました。

 

アイスケーキやフルーツタルトの種類も増えています。
色々な味が楽しめ複数の人が食べやすいアソートケーキも増えてきました。

 

これも年々ふえていますが、クリスマスの4週間前から始まるアドベントの期間に食べる
シュトーレンの菓子が増えています。

 

クリスマスの新しい定番になりそうです。

アンケート結果から、2018年のクリスマスケーキの傾向を予測してみました。

アンケート実施期間:2018年7月22日〜2018年7月27日
アンケート人数:759人

アンケート結果ですが、今年も傾向はあまり変わらないと思われます。
クリスマスには約7割超の人がクリスマスケーキを食べ、一緒に食べるのは6割以上の人が家族と一緒に食べています

 

クリスマスケーキの形状はホールケーキが7割と最も多く、購入場所はケーキ屋さんが4割を占めます。
クリスマスケーキを選ぶ時は、実物を見て、デザイン性や見た目、味の評判が良いことを基準にしています。

>>詳しいアンケート内容の詳細

クリスマスケーキの定番はイチゴと生クリームショートケーキです。

このショートケーキは根強い人気があり、2018年もこの傾向は変わらないでしょう。
それ以外では、クリスマスケーキの形は多種多様にバラエティーに富んできました。

 

今年も人気なのがキャラクターケーキであるデコレーションケーキです。

 

他には立体的な3Dのケーキや、ファッションブランドや有名高級ホテル、
有名高級チョコレートブランドのケーキがあります。

 

近年では、ほとんどのクリスマスケーキが百貨店や通販で注文ができるようになり
、購入する側の消費者にとっては、非常に便利になってきました。

 

特に人気の高いクリスマスケーキは、ゴディバの高級チョコレートのブランドケーキのように、
毎年予約開始と同時に直ぐ売り切れてしまいます。

 

今では、配送も発達してチョコレートやケーキの本場である、ベルギーから空輸で
日本に入ってくるので、本格的なクリスマスケーキも手に入るようになりました。

 

また、クリスマスケーキに飽きたという人や、物足りない人、
少し変わったクリスマスケーキが欲しいという人には、フルーツタルト状のクリスマスケーキや、
ハーゲンダッツからは、アイスクリームを全面使用したアイスケーキも人気となっています。

 

しかし、甘いものが苦手、クリスマスケーキが口にあわない、
たまには趣向を変えてみたいという人には、最近ではクリスマス向けの
和菓子が開発されてきました。

 

さすが、和菓子職人が作る和菓子クリスマス・バージョンは、マフラーを巻いた雪だるまや、
雪うさぎのようなトナカイなど、素晴らしい出来羽えを見せていています。

 

食材も上質なこしあんやきんとんが使われ、クリスマスケーキが苦手な人や、
乳製品などのアレルギーを持つ方も食べることができるので人気が出てきています。

 

これから、クリスマスケーキも、ますます多用化してクリスマスの新定番になっていくのも
近いと思われます。

 

ところで、クリスマスはイエスキリストの誕生を祝う日というのを知っていました?

 

誕生日とクリスマスが結びついていますが、誕生日ケーキのようにローソクを立てるとしたら
今年は何本になるんでしょうか?

 

そう2018本ですね。
これは、大変です。

 

日本は仏教の国と言われながら、本当に色々な国の習慣を取り入れていますよね。
それもこれも商業ベースに乗せられていると言う事でしょうか?

 

それだけ、日本が平和と言う事ですね。

2018年クリスマスケー アンケート詳細

質問1:昨年、クリスマスにケーキを食べましたか?
  • はい    73%
  • いいえ   24%
  • わからない 3%
質問2:誰とクリスマスケーキを食べましたか?
  • 家族   477人
  • 恋人    43人
  • 友達    36人
  • 仕事仲間 16人
  • ひとり    32人
  • その他    5人
質問3:昨年、クリスマスケーキは購入しましたか?
  • はい    62%
  • いいえ   35%
  • わからない −%
質問4:クリスマスケーキは予約して購入しましたか?
  • はい    52%
  • いいえ   46%
  • わからない −%
質問5:クリスマスケーキは何処で購入しましたか?
  • ケーキ屋  312人
  • 百貨店    33人
  • スーパー   90人
  • コンビニ    45人
  • その他    32人
質問6:クリスマスケーキの形状はどのタイプですか?
  • ホールケーキ                74%
  • ピースケーキ(1人用サイズのケーキ) 19%
  • ロールケーキ(ブッシュドノエルを含む) 4%
  • プチケーキ(一口サイズのケーキ)    −%
  • その他                     −%
質問7:クリスマスケーキは何を見て選びますか?
  • 実物    50%
  • チラシ   22%
  • カタログ  19%
  • ウエブサイト 6%
  • その他    4%
質問8:クリスマスケーキを購入する際に重視するポイントは?
  • 味の評判がいい    267人
  • デザイン性や見た目  265人
  • ちょうどいい大きさ    226人
  • 価格の安さ       191人
  • いつもの食べ慣れた味 90人
  • メーカーやブランド    72人
  • カロリー           8人
  • アレルギー対応      6人

 

以下は昨年の傾向です。バターが品不足今年のクリスマスケーキ業界は、深刻なバター不足が続き洋菓子店が深刻な状態になっています。農水省は今年の5月にバター7000トンの輸入を決めましたが改善していません。スーパーの店頭では「お一人様1点限り」とバターの購入を制限するお店も出てきました。クリスマスを前に一部の洋菓子店ではバターの代わりにマーガリンで代用してくるお店も出ています。もちろん、味はだいぶ落ちます。洋菓子店の間では、クリスマスの需要期を前にして、どんなにバターが上がっても値段を据え置く店と、クリスマス商戦に合わせて便乗値上げするお店も出てきそうです。というのは昨年お話ですが、今年もバター不足の懸念はありましたが現在のところは解消されています。しかし、仕入れの高値傾向は以前と同じで価格面では値上がりすることはないでしょうが昨年と同価格が維持されると思います。

 

クリスマスケーキ予約 2018:TOPページ