クリスマスケーキの上手な切り方

ホールケーキ、ロールケーキの上手な切り方

せっかくのキレイに飾り付けられたクリスマスケーキも、キレイに切れずに崩れててしまっては、
とても悲しくなります。

 

そんな失敗をしないようにホールケーキとブッシュドノエルなどのロールケーキをきれいにカットするプロのコツをお伝えします。

 

なにも知らずにカットするのと、ここで紹介するプロのコツをその通りにやるのとでは結果に大きな違いがでます。

 

今年のクリスマスはプロのように綺麗にケーキをカットして取り分けましょう。

 

ホールケーキの上手な切り方

準備しておくもの
  • できるだけ刃の部分が薄くて長さのある包丁

    ホールケーキを綺麗にカットするには、パティシエが使っているカステラ包丁があれば簡単に綺麗カットとすることができます。

    でも、よほどのケーキ好きでない限り、わざわざクリスマスの日だけに買おうとは思わないですね。

     

    パン切り包丁はスポンジやフルーツをボロボロにしてしまうのでおすすめできません。

  •  

  • ふきん またはキッチンペーパー
  • 45℃のお湯をはった(ボウル)

お湯があまり熱すぎるとクリームが溶けすぎてしまいますので注意してください。

 

ホールケーキは切りにかかる1時間前には冷蔵庫にいれて冷やしておきます。
特に生クリームは柔らかいので失敗する確率が高いので必ず冷やして固めておきます。
包丁は長い程、失敗する確率は少なくなります。

 

手順
包丁を45℃くらいのお湯をはったボウルで、あたためてながら作業する。

ポイント@

皮付きの果物、デコレーションはあらかじめ外しておく
メロンなどの固い皮は、やわらかいケーキの上では切れません。

ポイントA

包丁の動かし方
斜めに包丁を入れ、包丁の重さを利用してやさしく動かします。
無駄な力を抜いて、ゆっくり。ていねいに。

 

押し切りをするとケーキがつぶれてしまうので、包丁の重みだけを利用して引きながら切ります。

 

縦の力は包丁の重さだけ。横に手前に引くときにだけ力を入れます。

 

スポンジの中にフルーツがある場合は、切りづらいですが焦らず包丁を前後に大きくゆっくりと動かします。

 

一度切り終える度に都度、ふきんでクリームを拭き取ります。

 

包丁にクリームが残ったままだと、次に切る時にクリームが邪魔して上手く切ることが出来ません。
また、包丁が冷めてきたら再度温め直して下さい。

 

ケーキの上に乗っているフルーツは、ケーキとは違い細かく動かしながら切っていきます。

 

フルーツが包丁と一緒に動いてしまうようなら、いったんフルーツは別のお皿に取り分けて切り終わった後に盛り付けをしましょう。

 

ポイントB

お皿への移動
切り終わったら、ケーキの下に包丁を差込、引き抜くようにして切り分けたケーキを取り出し
お皿に移します。

 

ケーキが倒れないようにゆっくりと慎重に行って下さい。
切り終わった段階でホッとして気が緩みますので、一度大きく深呼吸をするなり気持ちを
入れ直して下さい。

 

取り分けるときに平らなスプーン状のケーキサーバーがあると重宝します。

ポイントC

デコレーション、フルーツを元に戻す。
キレイに盛り付けし直すのは少しセンスが必要ですが頑張りましょう。

 

ロールケーキの上手な切り方

糸を使う方法

ロールケーキを綺麗にカットする簡単な方法は糸を使うやり方です。

 

できるだけ細い裁縫用の糸を用意し両方の端を持ってピンとはります。

 

ケーキに対してまっすぐに糸を下ろし、ケーキの下まで到達したら、片方の端をゆるめ横に糸を引き抜き取ります。

 

1回カットするたびに、糸を変えるかフキンでクリームを拭き取るとより綺麗にカットすることができます。

 

包丁を使う方法

ホールケーキの切り方と同じです。

 

決して力を入れないで包丁の重みで引くように切っていきます。

 

クリスマスケーキを奇数で均等に切り分ける方法

偶数の切り方なら問題ないのですが、奇数でカットしようとすると悩みますよね。

 

とても難しいのですが、こんな時は無料のアプリを使うことで均等に切り分けることができます。

 

こんな感じでカットするラインを教えてくれます。

 

クリスマスケーキの上手な切り方

 

自由自在にケーキを切り分けることができます。

 

無料アプリは「CakeCuttin」で検索すればすぐにでてきます。

 

App Store、Google Playのどちらでもダウンロードできます。

 

クリスマスケーキ予約 2018:TOPページ